自販機の設置で土地活用【日常の様々なシーンで活用が予想】

ペットボトル

気軽に設置出来る

飲む

自分の家に自動販売機を設置してみたい。という人もいるでしょう。自動販売機の月々の電気代は機種によっては12,000円〜、安い機種だと3,000円〜5,000円と言われている。結構な値段が掛かるが、儲ければそれ以上の利益を出すこともあります。設置をするには、まず業者に頼むことです。ネット等で検索をすると、「設置料無料」など、お得な店がある。POSシステムなどがついた自動販売機だと、いくら売り上げたかが簡単に分かるので便利である。売れる商品は認知度と大きく関わりがあります。多くの人が商品のイメージで購入決定するだろう。100円〜150円と少額安定価格で提供される飲料は、商品の認知度が購入決定にあたり重要な要素になります。

自動販売機の種類は多々あるが、3つを挙げると、「省エネ」「AED搭載」「災害対応型」などがある。その中で、利益だけを考えるのであれば、「省エネ」だろう。この自動販売機であれば、先ほど紹介した3,000〜5,000円と、安い値段で済ますことも可能である。環境にも優しく、2006年型自動販売機と比べ、試算によると、電気代が40%も削減できるため、設置するならこの機種で決まりだろう。次にAED(自動体外式除細動器)は、初めは専門知識を持った人しか使用できず、値段も高かったことから設置個所もごく一部であったが、最近はAED価格の低下と、一般の人でも使えるほど操作が簡単になったので、人気が増えている。設置をするなら是非この機能も搭載したい。